「ココからが重要です。」という単純だけど最強なテクニック

コピーライティング

んにちは
遠藤さんです。

今日は
「ココからが重要です」という
単純で最強のテクニックを

紹介していきたいと思うんですが、

一つだけ言わせてください。

 

今回紹介するテクニックは
かなり強いです。

マジでやばいです。

 

営業でもブログでもプレゼンでも使えて
成約率を格段にあげることができちゃうくらい

やばいテクニックです。

 

それでは、本題

 

「ココからが重要です」は

プレゼンだけでなく
セールスレターやブログ
営業などでも使えるテクニックで

この9つの文字を使うだけで

あなたの成約率をゴリゴリにあげることが
できちゃうテクニックになります。

 

例えば
ブログとか書いている人もいると思うんですけど
ほとんどのブロガーが

『最後まで読まれる記事』
書けていないんですよね。

 

恐らく平均視聴時間は30秒も
無いくらいです。

 

これがどういう状態かと言うと

途中で読み飽きちゃったり
飛ばし読みされちゃっている状態なわけなので

当たり前に
成約まで繋がることはありません。

 

逆にブログで月100万とか300万とか
稼ぐ人の平均視聴時間は

2分以上とかだったりするので

高い確率で最後まで
きちんと読まれていることになります。

 

このことから分かるように
相手に最後まで興味を持たすことができれば

成約率も必然的に高くなるんですよね。

 

例えば今Twitterとかで

個人コンサルしているような人も
自分のLP作ったりしているけど

そのほとんどが
つまらなくて

最後まで読もうと思えないですよね。

 

じゃどうやったら
最後まで読ませられる文章を

書くことが出来んねん。
って感じだと思いますが、

 

ココで必要になってくるのが
コピーライティングという

心理学に基づいた文章術です。

 

「あ〜コピーライティングねハイハイ」
と思ったそこのあなた

ココからが重要ですよ。

 

 

ほらね。
こう言われると

ついつい気になって
次の文章も読もうとしちゃうでしょ。

こんな感じで、
定期的に『続きが気になる』文章を

散りばめておくことが
最後まで楽しませるコンテンツを作る上で

超重要になってくるわけですよ。

 

「ココからが重要です。」
「しかし、それだけではありません。」
「私もそう思ってましたが実は、違ったんです。」
「おっと、本題からずれてしまいましたね。
〇〇については最後の方でもう一度触れるので、
本題に戻りましょうか」

作ろうと思えば
いくらでも作れます。

 

プレゼンでも営業でも
ブログアフィリエイトでも

この続きが気になる文章が
使われているか使われえていないかで

成約率が大きく変わってきます。

 

例えば営業で
「〇〇について説明してきましたが、
正直ありきたりなサービスだな〜と思いましたよね。しかし、大事なのは実はココからです。」

みたいな感じで言えば
先方に飽きられず最後までプレゼンできますよね。

 

しかし、ここで一つ注意点があります。

 

 

 

おっと、
また続きを気になれせてしまったようだ。。。

 

冗談はさておき
文章書く時も、営業する時も
所々続きが気になるような文章を使うことを

意識しておくだけでも

かなり有利な状況を作れます。

 

ユーラボメンバーの方へ
(メンバーではない方は、下へスクロール)
ユーラボ動画コンテンツの
【コピーライティングの教科書】
は今回のテーマに近い内容です。

通勤中の電車でサクッと将来のために
知識をたくさんつけましょう。

 

メンバー再募集(先着25名)

前回のメンバー募集後「迷っていたら定員に達してしまい、ユーラボメンバーになることができませんでした。どうかもう少しだけ枠を増やしていただけないでしょうか?」といったお問い合わせが多数ありました。

正直、その時に決断できなかった人に対してもう一度チャンスを差し伸べるのは甘いのではないかと社内でも議論になりましたが、メンバーが増えることによって出来ることの数も増えるだろう。という結論の元、先着25名限定でユーラボメンバーを再募集することにしました。

ちなみに再々募集は予定ありません。

-追記-
現在は残り9枠のみとなっています。
(更新頻度の都合上、残りの枠が無くなってしまっていた場合は申し訳ございません)

▶︎ユーラボの申し込みはこちら

 

報告

ユーラボのクローズドLINE@が
新しくなりました!

それを記念して、友達追加者限定に
『超豪華5大特典』
無料でプレゼント中!!

LINE@内で「ながら脱サラ」
と入力すれば5大特典が受け取れます。

▶︎今すぐ追加する 
(ワンクリックで友達追加できます)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました